» 【回路設計エンジニア】おすすめ転職エージェント

電子回路設計エンジニア向けおすすめ転職エージェント

当記事では、電子回路設計エンジニア(ものづくりエンジニア/製造業エンジニア)向けの「おすすめ転職エージェント」を紹介していきます。

電子回路設計エンジニアにとって、転職エージェントを利用することは、ほぼメリットしかないので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

転職エージェントとは何か?

転職エージェント(人材紹介サービス)とは、担当のキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)が、転職希望者の相談にのり、無料で以下のようなことを行う転職支援サービスのことです。

転職エージェントのサービス内容

  • 企業の求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の書き方指導や添削
  • 企業への応募、面接日時の調整など
  • 給与などの条件交渉
  • 入社時期の調整

なぜ、ここまで転職エージェントが、転職希望者に対して、無料で至れり尽くせりのサービスをしてくれるのかと言うと、転職成立時に転職者の年収の約30〜35%を仲介手数料として紹介先の企業から受け取ることができるからです。

そのため、転職エージェントにしてみれば、転職を一つでも成立させれば、大きな売上につながるということなので、転職希望者には無料でサービスを行ってでも十分に利益が取れるのです。

例えば、転職希望者が年収500万円で企業に採用されれば、転職エージェントは約150~175万円の売上を計上できます。

また、企業側にとっても、完全自由応募で求人を行うとなると、求人広告の掲載料がかかる上に、どんな人が応募してくるのか全くわからないので非常に非効率です。

例を挙げると、ある企業が、20代後半から30代前半で、電子回路設計経験が5年以上ある男性を採用したいとすると、求人広告には、法律的に年齢や性別を条件を入れられないので、当然、企業の意図に沿わない応募者も多く出てきます。

企業が転職エージェントを利用すれば、こうした法律的にNGな部分であっても希望条件(年齢、性別、転職回数、特定の会社出身者を除外など)を伝えておけば、転職エージェントでフィルタリングしてくれるので、それだけの高額の仲介手数料を支払う価値はあるのです。

転職エージェントの特徴

当サイト管理人や友人・知人の体験談も混じえて、転職エージェントの特徴を「転職エージェントのメリット」と「転職エージェントのデメリット・注意点」にわけて、詳しく解説していきます。

転職エージェントのメリット

転職エージェントを無料で利用できる上に、以下のようなメリットがあります。

転職エージェントのメリット

  • 非公開求人への応募が可能
  • 内定獲得率が上がる
  • 転職活動の事務作業が簡略化できる
  • 年収などの条件交渉

非公開求人への応募が可能

「転職エージェントとは何か?」でも説明した通り、企業側で特定の条件をつけて人材を募集したい場合、転職エージェントのみに求人を出します。

実際に、転職エージェントのWEBサイトを見ると、ほとんどの求人が非公開求人になっていることがわかります。

当サイト管理人にも経験があるのですが、転職エージェントに登録してから、企業への直接応募で転職活動をしていた際には全く見つけることができなかった企業の求人がどんどん紹介してもらえて衝撃を受けたことがあります。

このような非公開求人は、年収や福利厚生などの労働条件が良い大手メーカーが多いので、こうした求人に応募したい場合は、転職エージェントに登録することが必須となります。

内定獲得率が上がる

転職エージェントを利用した方が、自分で直接、企業に応募するより、内定獲得率が上がる場合があります。

転職エージェントとしては、あまりにも内定の見込みのない人材を企業に紹介しても売上につながらないので、転職エージェント側である程度、転職希望者のフィルタリングが行われます。

実際に初めて担当のキャリアコンサルタントと対面するとわかりますが、企業の一次面接のように、相談に来た転職希望者が内定を獲得できる可能性があるのか見定められるのです。

この点、まだまだ電子回路設計エンジニアの需要はまだまだ高いので、おかしな態度さえ取らなければ、転職エージェント側で足切りされることはありません。特にアナログ回路のスキルを持っていると、40代でも十分に転職が可能です。

また、現在までに蓄積されたデータや転職ノウハウにより、転職希望者に対して適切なアドバイスを与えてくれるので、こちらも内定獲得率の上昇につながります。

特に、メイテックネクストなどエンジニア特化型の転職エージェントだと、キャリアコンサルタントにエンジニア出身者が多く、技術・キャリアに対する理解が深いので、より適切なアドバイスを与えてもらえるでしょう。

転職活動の事務作業が簡略化できる

転職希望者の経歴・年齢などにもよりますが、一般的に転職の内定率は約10%なので、転職を成功させるには最低でも10社以上は応募しなければなりません。

全ての企業に自分で応募するとなると、煩雑になってしまう面接日時の調整や内定時の条件交渉などを、転職エージェント経由であれば全て代行してくれます。

また、履歴書・職務経歴書の作成についても転職エージェント側でPC用のフォーマットが用意されていて、一度、作成してしまえば複数の企業で使い回すことが可能です。もちろん、キャリアコンサルタントと相談しながら企業ごとに微修正することもできます。

このように、転職エージェントを利用することで、転職活動の事務作業が簡略化できるので、転職希望者は採用試験や面接に集中して望むことができます。

年収などの条件交渉

転職エージェント経由で、無事に企業の内定を獲得できれば、入社希望の企業に対して、年収などの条件交渉を転職エージェントが無理のない範囲で行ってくれます。
(年収などの条件交渉のタイミングは、転職エージェントによって異なるかもしれないので、事前に確認しておいた方が良いです。)

実のところ、日本の企業でサラリーマンが年収を大きく上げるチャンスは入社前なのです。入社後になってしまうと企業の既定に沿って、ほぼ横並びに昇給する仕組みになっているからです。

中には、一度、会社を退職して出戻り転職で入社した方が年収が高くなる企業もあるぐらいです。

転職エージェントにしてみれば、転職先での入社時の年収が上がれば、転職エージェントに入ってくる売上も増えるということなので、積極的に行ってくれるはずです。

ぜひ積極的に担当のキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

転職エージェントのデメリット・注意点

転職エージェントを利用することでのデメリットもあります。ただし、十分に対策を立て、需要が高い電子回路設計エンジニアが同じ職種での転職を目指すのであれば、大部分のデメリットをカバーすることが可能です。

転職エージェントのデメリット・注意点

  • キャリアコンサルタントの能力にバラツキがある
  • 求人紹介は相場に基づいて機械的に行われることが多い
  • 内定後、入社意思決定までの時間がない

キャリアコンサルタントの能力にバラツキがある

転職エージェントのキャリアコンサルタントの能力にはバラツキがあります。

残念ながら、ひどいキャリアコンサルタントになると、こちらの質問に対して、その場のノリで適当に答える人もいます。

そこまでひどくなくても、これまで説明した通り、転職エージェントのビジネスモデルは、転職内定者が入社する企業の年収の約30〜35%が売上になる仕組みになっています。当然、この売上がキャリアコンサルタントの評価に直結します。

そのため、キャリアコンサルタントが目先の評価のために、転職希望者に対して年収が高い企業を優先して紹介したり、内定を獲得してからも働きやすさや社風などよりも、年収が高い企業を優先してすすめる場合があるのです。

また、転職希望者とキャリアコンサルタントの相性問題もあります。どうしても、会社というより、担当のキャリアコンサルタントによる属人性が高いので、できるだけ自分と相性の良いキャリアコンサルタントに出会って、転職活動をやりやすくしたいものです。

一番簡単な対策としては、複数の転職エージェントに登録して、同じタイミングで各社のキャリアコンサルタントと対面して、同じ相談・質問をすることです。

比較をすることで、自分とキャリアコンサルタントの相性やキャリアコンサルタントが持っている知識・ノウハウがはっきりとわかるはずです。

なお、転職エージェントを絞り込む際に、その時に切りたい転職エージェントがあったとしても、わざわざ断りの連絡をする必要はありません。

何か転職に関する新しい情報をもらえたり、その転職エージェントしか求人を出していない企業もあるので、取りあえずは放置しておいて問題ないです。

もしも、転職活動状況を聞かれるなどして説明せざるを得ない時は、転職活動を一旦、中止しているなどと適当な返事をしておけば良いでしょう。

求人紹介は相場に基づいて機械的に行われることが多い

転職エージェントの求人紹介は、転職希望者の内定が売上につながるので、内定獲得見込みのある求人を紹介します。そのため、学歴・職歴・年齢などの相場に基づいて機械的に行われることが多いです。

例えば、現在の職種が電子回路設計だったとしたら、同じ職種に加えて、メーカーの営業、フィールドエンジニアなど関連する職種が転職エージェントの紹介できる範囲になるでしょう。

全く未経験の職種に転職したいとのことであれば、別ルートでの転職を模索した方が良さそうですが、職種が同じだったり近かったりすれば、違う業界の企業の転職はそれほど難しくはないので、電子回路設計エンジニアとして同じ職種での転職を目指すのであれば、それほど問題にならないでしょう。

内定後、入社意思決定までの時間がない

転職エージェント経由に限らず、無事に企業から内定を獲得したとしても、入社意思決定まで数日から1週間程度などと時間がないことがあります。

企業にしてみれば、中途での採用人数がそれほど多くない場合、応募者からの返答を待つまでの間は、一旦、採用活動を中止しなければならないので、できるだけ早めに決めてもらいたいという思惑があります。

その他、転職希望者の内定が売上につながることから、転職エージェント側の都合で、入社意思決定を急かす場合もあります。

転職エージェント側の都合であれば、気にする必要はないのですが、企業側の希望であれば、あまりにも入社意思決定を伸ばしすぎると、本当に内定が取り消されてしまうので時間内に決めるしかありません。

複数の内定が出て迷っている場合などであれば、担当のキャリアコンサルタントが、各企業の営業担当者を紹介してくれて、各企業の詳細を聞き出せたりするので、ある程度、参考になるかもしれません。

ただし、最終的には自分で決めなければならないことなので、「重視するのは年収なのか、社風なのか、働きやすさなのか」などしっかりと自分の入社したい企業の基準を整理して判断できるようにした方が良いでしょう。

おすすめ転職エージェント・ランキング

当サイト管理人が、電子回路設計エンジニア向けおすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

転職エージェントは、複数登録が鉄則なので、一度、多くの転職にエージェントに登録してから絞り込んでいく方法がおすすめです。

No1『マイナビAGENT(マイナビエージェント)

マイナビAGENT(マイナビエージェント)は、大手の総合型転職エージェントです。2021年3月時点で、求人数が10万件以上、そのうち非公開求人は約80%となっています。

20~30代の若手の転職サポートに強いのが特徴なので、当サイトにアクセスの多い20~30代の方には特におすすめの転職エージェントです。

また、多くの転職エージェントで3ヵ月などと設定されている転職サポート期間も、マイナビAGENTでは無期限となっています。

そのため、想定したよりも転職活動が長引いてしまった場合でも、途中で打ち切られることなく最後までサポートを受けられることでしょう。

電子回路設計が未経験でも、20代前半で、大学や工業高専の電気関連の学科を卒業しているのであれば、第二新卒として応募できることがあるので、ぜひ相談してみると良いでしょう。

20~30代の転職サポートなら「マイナビエージェント」

No2『doda(デューダ)

doda(デューダ)は、大手の総合型転職エージェントです。2021年3月時点で、求人数が約11万件、そのうち非公開求人は約32%となっています。

他社の転職エージェントと比べて、非公開求人割合が低いのは、dodaの場合、転職エージェントと転職サイトの機能が統合した影響だと考えられます。

全体的に地頭が良いキャリアコンサルタントが多く、転職希望者に対して誠実に対応してくれる印象があります。

実際に、当サイト管理人を始め友人・知人のエンジニアも、転職支援でお世話になった話をよく聞くので、dodaもぜひ登録したい転職エージェントの一つです。

業界最大級の求人数ならdoda

No3『MEITEC NEXT(メイテックネクスト)』

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト

MEITEC NEXT(メイテックネクスト)は、エンジニア特化型の転職エージェントです。2021年3月時点で、求人数が1万件以上、そのうち非公開求人は約80%となっています。

メイテックネクストは、技術者派遣を主な事業とするメイテックから派生した会社であることから、電子回路設計エンジニアを始めとするメーカー(製造業)のエンジニアの転職支援に強いです。

また、キャリアコンサルタントにエンジニア出身者が多く、細かい技術要件を理解できるので、転職希望者の最適なキャリアを分析してくれます。

求人数が、総合型の転職エージェントと比較すると少なくなりますが、メイテックネクスト独自の「独占求人」を多数保有しているので、ぜひ登録しておきましょう。

エンジニア専門の転職支援は「メイテックネクスト」

未経験で電子回路設計エンジニアになるには?

created by Rinker
受講期限:12ヵ月・転職/就職サポート期間:24ヵ月・添削あり・質問可能

転職エージェントに限らず、企業の中途採用は、基本的に経験者を対象としているので、全くの未経験から電子回路設計エンジニアになるには難しいです。

しかし、それでも未経験から電子回路設計エンジニアに挑戦したいという方におすすめなのが、転職・就職サポート付きの電子回路設計オンラインセミナーを受講することです。

以下の記事に詳しくまとめましたが、『アナログ回路設計CAD講座(シーモスデザイン)』であれば、電子回路設計に必要な一通りのアナログ回路が習得できる上、長期の転職・就職サポートが付いてきます。


実際に、電子回路設計どころか電気に関連する仕事の経験がない30代の未経験者がメーカーに電子回路設計エンジニアとして正社員に採用された方がいるようです。

また、この『アナログ回路設計CAD講座(シーモスデザイン)』は大学や高専の電気科の学生にもおすすめです。そもそも、新卒採用だと、転職エージェントのサービスを利用することができないので、一度も社会人経験がない学生にとって、シーモスデザインの転職・就職サポートは非常に心強いと思います。

» シーモスデザイン公式サイト

よかったらシェアしてね!

目次
閉じる