Arduinoのサンプルプログラム

Arduino-センサの使い方

当記事では、Arduinoで各種センサを使う方法を詳しく解説します。

これから紹介するセンサは、ArduinoのAnalog I/O(アナログ入出力)関数、Wire(I2C)ライブラリ、SPIライブラリを主に使用したプログラムで動作させます。センサの解説記事は順次追加していく予定です。

なお、その他のArduino関数・ライブラリについては、以下の記事をご覧ください。

明るさや色の検出

CdSセル(光センサ)の使い方

ArduinoのAnalog I/O(アナログ入出力)の関数を使ったプログラムで、CdSセルと抵抗を組み合わせた分圧回路から電圧を読み込みます。

デジタルカラーセンサ「S11059-02DT」

温度・湿度センサ「S11059-02DT」はI2Cで制御するため、ArduinoのWireライブラリを使ったプログラムで動作させます。

温度・湿度・気圧の検出

温度・湿度センサ「SHT31」

温度・湿度センサ「SHT31」はI2Cで制御するため、ArduinoのWireライブラリを使ったプログラムで動作させます。

温湿度・気圧センサ「BME280」

温湿度・気圧センサ「BME280」はI2C/SPIで制御するため、ArduinoのWireライブラリ、SPIライブラリを使ったプログラムで、それぞれ動作させます。

距離の検出/距離センサ「GP2Y0E03」

距離センサ「GP2Y0E03」はI2C制御での12bitデータを出力するため、ArduinoのWireライブラリを使ったプログラムで動作する方法をご紹介します。

加速度の検出/3軸加速度センサ「ADXL345」

3軸加速度センサ「ADXL345」はI2C/SPIで制御するため、ArduinoのWireライブラリ、SPIライブラリを使ったプログラムで、それぞれ動作させます。

Arduinoオンラインセミナーとは?

created by Rinker
受講期限:なし・30日間返金保証・質問可能

当記事『Arduino-センサの使い方』では、Arduino Unoを使用したサンプルプログラムを解説してきましたが、Arduinoを始めたばかりの方にとって、自分一人でやり遂げるには難しい部分もあると思います。

全くの初心者だと、どこかでつまずいてしまって、詳しい人に質問できないままだと解決するまでにかなりの時間を費やしてしまうことになるからです。

そのため、Arduinoに対してわからないことを、もっと詳しく聞きたい方であれば、質問サポートが充実しているArduinoオンラインセミナーを受講することをおすすめします。

以下の記事では、「Arduino」にスポットを当てたオンラインセミナーを紹介しています。

どのオンラインセミナーも比較的、安価で、返金保証・質問可能なものばかりなので、ぜひ参考にしてみて下さい。

また、以下の記事では、「Arduino Unoと電子部品を組み合わせたキット」やArduino IDEで開発可能な「ESP32開発ボード(Wi-Fi/Bluetooth対応)」について解説しているので、こちらもぜひご覧下さい。

テキストのコピーはできません。