電子回路の基礎知識

電子工作初心者におすすめのArduinoはどれ?

Arduinoには20種類以上のエディション(種類)があり、これからArduinoを使って、電子工作を始める初心者にとって、どれを選んだらいいのか迷ってしまうと思います。

結論から言えば、Arduinoで最も代表的かつ基本的なエディションである「Arduino Uno」がおすすめなのですが、当記事ではランキング形式で、さらに詳しく電子工作初心者におすすめの「Arduino Uno」の製品について紹介していきます。

Arduinoとは何か?

Arduinoとは、マイコンボードの「Arduinoボード」と統合開発環境の「Arduino IDE」から構成されたシステムです。

Arduino IDEでは、C言語風の「Arduino言語」を使用してプログラムを作成し、Arduinoボードにプログラムを転送することによって、LEDやセンサなどの電子部品を自由に制御することができます。

マイコンボード自体は昔からあるもので特に目新しくはないのですが、Arduinoが画期的だったのはハードウェア設計情報
をネット上で公開し、簡単なルールさえ守れば誰でも自由に用いることができる「オープンハードウェア」(Open source hardware)という形態を取ったことです。

つまり、誰でも公開されている設計図を元に、Arduinoと互換性を持つマイコンボードを作成・拡張・販売することが可能なのです。
(「Arduino」の名称を使って販売するには許可が必要)

これによって、今までのマイコンボードと比べて爆発的に普及して、電子部品や電子工作キットを扱う専門ショップだけでなく、Amazon、楽天、Yahoo!などのネットショップからも手軽に購入できるようになっています。

なお、オープンハードウェアと言っても全てが無料という意味ではなく、ハードウェアのArduinoボードに関しては有料で購入する必要があります。
(ソフトウェアであるArduino IDEは公式WEBサイトからダウンロード可能)

Arduinoボードの種類

「Arduinoとは何か?」で説明した通り、Arduinoを使って電子工作を始めるにはArduinoボードを購入する必要があります。販売されているArduinoボードは、「Arduino正規品」と「Arduino互換品」に大きくわけられます。

また、Arduinoボードと基本的な電子部品がセットになった「スターターキット」も存在します。

Arduino正規品

Arduino正規品は、イタリアのArduino S.R.L社が販売する製品です。当記事、冒頭でも説明しましたが、Arduino正規品のエディション(種類)は20種類以上にも上ります。

その中で、初心者向けのEntry Levelの製品を紹介すると以下の6種類になります。

Arduino Entry Level
  • ARDUINO UNO REV3
  • ARDUINO LEONARDO WITH HEADERS
  • ARDUINO 101
  • ARDUINO ESPLORA
  • ARDUINO MICRO
  • ARDUINO NANO

この中でこれから初めてArduinoを扱う電子工作初心者にとって、一番、おすすめなのが、「ARDUINO UNO REV3(Arduino Uno)」になります。

Arduino Unoは最も代表的かつ基本的なエディションなので、供給数が多く入手も容易ですし、シンプルな機能に絞ってあるので、初心者にとっても扱いやすいと思います。

Arduino互換品

Arduinoは「オープンハードウェア」(Open source hardware)なので、Arduinoと互換性のあるボードを開発・販売している企業が存在します。

大きく二つに分類すると、「Arduinoを拡張させた派生ボード」と「Arduinoを完全にコピーしたボード」にわけられます。

「Arduinoを拡張させた派生ボード」はArduinoにはない様々な機能を拡張させているので、魅力的ではあるのですが、これから初めてArduinoを扱う電子工作初心者にとっては、どうしても難易度が高くなってしまいます。

もう一つの「Arduinoを完全にコピーしたボード」は、正規品に比べて「値段」の面で大きなメリットがあります。

Arduino Unoの互換品であれば、機能はすべて同じなうえに、Arduino Unoの正規品と比較して1/3程度のわずか1000円程度で購入できてしまうので、周りにマイコンボードに詳しい人がいる場合は、ぜひ検討してみると良いでしょう。

Arduinoスターターキット

マイコンボード全般に言えることですが、ArduinoボードはLEDやセンサなどの電子部品を自由に制御するためのものであるので、別途、電子部品や配線用の導線などを購入する必要があります。

ただ、電子工作初心者にとっては初めにどんなものを買えばいいのか迷ってしまいますし、こうした部品を扱っているのはどうしても専門ショップになってしまうので、少し敷居が高いです。

そこで、おすすめなのがArduinoボードと基本的な電子部品がセットになった「Arduinoスターターキット」です。

Arduino正規品を扱うイタリアのArduino S.R.L社でも発売していますが、その他にも専門ショップが正規品のArduinoボードと自前で用意した電子部品を組み合わせたスターターキットやArduino互換品を扱う企業が販売しているスターターキットが存在します。

やはり、これから初めてArduinoを扱う電子工作初心者にとっては、Arduino Uno(互換品含む)と電子部品を組み合わせたスターターキットがおすすめです。

Arduinoボードのおすすめランキング

ここから、当サイト管理人がおすすめするArduinoボードをランキング形式でご紹介します。

全てArduino Uno(互換品含む)と電子部品を組み合わせたスターターキットになり、Amazon、楽天、Yahoo!などのネットショップからも手軽に購入できるものを選んでみました。

No1『Arduinoをはじめようキット』

一番おすすめしたいのが、電子工作のモジュールを扱う専門ショップ「スイッチサイエンス」が販売している『Arduinoをはじめようキット』になります。Amazonで4320円(2019年6月時点)で購入することができ、スイッチサイエンスで直接購入するとと同じ値段です。

Arduino開発者自ら執筆した書籍「Arduinoをはじめよう 第2版」に対応した内容物になっており、書籍と併せて購入することにより、自分で楽しみながらArduino Unoを使用しながら電子工作をすることができるようになっています。

『Arduinoをはじめようキット』内容物

内容物 個数
Arduino Unoマイコンボード 1
USBケーブル 1
ブレッドボード 1
LED 赤 1
LED 緑 1
LED 青 1
タクトスイッチ 1
Cdsセル 1
MOS-FET 1
ダイオード 1
抵抗 270Ω 1
抵抗 330Ω 1
抵抗 1kΩ 3
抵抗 10kΩ 2
堅いジャンパワイヤ
(サイズ複数)
複数
柔らかいジャンパワイヤ 10


※「Arduinoをはじめよう 第3版」で追記された「第6章Arduino Leonardo」、「第8章 時計じかけのArduino」には対応していません。

さらに、電子工作初心者にとってうれしい点が、『Arduinoをはじめようキット』に含まれる「Arduino Uno」に「永久保証」が適用されることです。

やはり、電子工作初心者の場合、うっかりミスでボードや電子部品を壊してしまうこともあると思います。

修理や交換のための送料は自己負担になってしまうなどある程度条件はありますが、こうした保証が受けられるほうが安心して購入できますよね。

保証の範囲
保証は電子部品やArduinoの常識的な使用によって壊れた場合を範囲とします。
その他、以下のような日常的に発生し得る事故も保証範囲とします(予告無く変更されることがあります)。

◯印の付いたものは保証範囲内、×の付いたものは保証範囲外
◯原因はわからないけど、動かなくなった。
◯普通に使ってたつもりだけどピンソケットが折れてしまった。
◯へんな所に電源をつないじゃったかも知れません。
◯気づいたら、基板の下にドライバーがあって、ショートしました。
◯ブートローダーを書き換えてしまいました。
◯コーヒーをこぼしました。
◯気づいたら錆びて動きません。ちゃんと保管してたはずなのに。

×ドリルで穴を開けました。ノコギリで切りました。
×防水対策をせずに、屋外に設置していました。
×常に水がかかる場所で使っていました。
×壊してみました。
×ACアダプタを接続したまま、無理な力を加えました。

Arduino Uno単体で購入する場合は、以下のリンクになります。もちろん、「永久保証」も適用されます。

No2『ELEGOO Uno R3スーパースターターキット』

次に紹介するのが、Arduino互換品を扱う企業「ELEGOO」が販売している『ELEGOO Uno R3スーパースターターキット』になります。ELEGOO UnoはArduino Uno互換品となり、Amazonで3550円(2019年6月時点)で購入することができます。

『Arduinoをはじめようキット』と比較して圧倒的なのが、コストパフォーマンスと言えるでしょう。内容物がボードを含めて36点となり、値段も800円近く安いのです。

また、「ELEGOO」は中国企業になりますが、だからと言って品質が悪いわけでなく当サイト管理人もELEGOO Unoを購入したところ、動作は全く問題ありませんでした。

ただ、ELEGOO公式WEBサイトで配布している日本語ドキュメントの翻訳が貧弱なのが残念です。詳しいドキュメントを自前で用意する熱意はものすごいので、もう少し日本語翻訳を頑張ってくれると、さらに良いキットになると思います。

ELEGOO Uno(Arduino Uno互換品)単体で購入する場合は、以下のリンクになります。

No3『ELEGOO Uno R3 ザ・モストコンプリート・スターターキット』

最後に紹介するのが、同じく「ELEGOO」が販売している『ELEGOO Uno R3 ザ・モストコンプリート・スターターキット』になります。Amazonで5950円(2019年6月時点)で購入することができます。
(2019年6月時点で、10%クーポンを適用することが可能なので、5355円で購入できます!)

『ELEGOO Uno R3スーパースターターキット』と比較すると、値段は高くなりますが、内容物がボードを含めて63点にものぼります。

しかし、ここまで来ると、電子工作初心者にとっては十分というよりキャパオーバーになってしまう気もするので、他のマイコンボードを経験している方向けかもしれません。

一応、貧弱ですが日本語ドキュメントも入手することができるので、手順通り進めていけば問題ないとは思います。

ELEGOO Uno(Arduino Uno互換品)単体で購入する場合は、以下のリンクになります。

テキストのコピーはできません。