Arduinoのサンプルプログラム

Arduino-LEDの使い方

当記事では、ArduinoでLED(発光ダイオード)を使う方法を詳しく解説します。

ArduinoのDigital I/O(デジタル入出力)の関数を使ったプログラムで、LEDの点滅を行います。

なお、その他のArduino関数・ライブラリについては、以下の記事をご覧ください。

LED(発光ダイオード)はどんな電子部品?

LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)は、順方向の+側に電圧を加えると、発光する電子部品です。

LEDは電子部品の中では割と簡単に扱えるので、電子工作やマイコンの本では、一番初めに習うことが多いです。

LEDは省電力の発光素子のため、家庭用ではLED電球を使用している方も多いと思います。その他、街中の信号機や電光掲示板などもLED方式に置き換わってきており、クリスマスなどのイルミネーションについても同じことが言えます。

ただし、中学校の理科で扱った豆電球と違い、LEDは直接、電池などを接続して電圧をそのまま加えてしまうと、電流が流されてしまい壊れてしまいます。

そのため、通常、LEDに流れる電流を制限するための抵抗を直列に接続する必要があります。詳しいLEDの電流制限抵抗の計算方法については、以下の記事をご覧ください。

サンプルプログラム(サンプルスケッチ)

用意するもの
  1. Arduino Uno
  2. USBケーブル
  3. ブレッドボード
  4. ジャンパ線
  5. PC(プログラム書き込み・シリアルモニタ表示)

Arduino Uno内蔵LEDの点滅


void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);//13番ピンを出力に設定
}

void loop() {
  digitalWrite(13, HIGH);//13番ピンの出力をHIGH(5V)に設定
  delay(1000);//1000msec待機(1秒待機)
  digitalWrite(13, LOW);//13番ピンの出力をLOW(0V)に設定
  delay(1000);//1000msec待機(1秒待機)
}

Arduino Unoには、ボード上にチップ型のLEDが実装されているので、外付けのLEDを点滅する前に、まずは練習としてArduino Uno内蔵LEDを点滅させてみましょう。

サンプルプログラムでは、内蔵LEDはデジタル入出力の13番ピンに接続されているので、13番ピンを出力に設定します。そして、loop()内のプログラムで、13番ピンの出力をHIGH(5V)に設定、1秒待機、13番ピンの出力をLOW(0V)に設定、1秒待機を繰り返すことで、1秒間隔でArduino Uno内蔵LEDを点滅させることを実現します。

LEDの点滅

ブレッドボードを使ったLEDとArduinoボードのArduino Unoの接続例は上記のようになります。ブレッドボードの詳しい使い方は、以下の記事をご覧ください。

用意するもの
  1. LED OSR5JA5E34B
  2. 抵抗270Ω
  3. Arduino Uno
  4. USBケーブル
  5. ブレッドボード
  6. ジャンパ線
  7. PC(プログラム書き込み・シリアルモニタ表示)

LEDは秋月電子通商で販売されている「OSR5JA5E34B」を選定しましたが、他のLEDでも構いません。


void setup() {
  pinMode(0, OUTPUT);//0番ピンを出力に設定
}

void loop() {
  digitalWrite(0, HIGH);//0番ピンの出力をHIGH(5V)に設定
  delay(1000);//1000msec待機(1秒待機)
  digitalWrite(0, LOW);//0番ピンの出力をLOW(0V)に設定
  delay(1000);//1000msec待機(1秒待機)
}

「LEDとArduinoボードの接続例」で行った外付けLEDを点滅させます。

サンプルプログラムは、「Arduino Uno内蔵LEDの点滅」とほぼ同じで、外付けLEDを0番ピンに接続しているので、「13」を「0」に変更するだけです。

プログラムを実行すると、1秒間隔で外付けLEDが点滅します。

テキストのコピーはできません。