LTspiceのシミュレーション

LTspice-解析に使用するシミュレーション・コマンド設定方法

当記事では、以下の6種類の解析に使用するシミュレーション・コマンド設定方法について詳しく解説します。

「Edit Simulation Command」で設定できる解析
  • トランジェント解析(.tran)
  • AC解析(.ac)
  • DCスイープ解析(.dc)
  • ノイズ解析(.noise)
  • DC伝達関数解析(.tf)
  • DC動作点解析(.op)

この6種類の解析に使用するシミュレーション・コマンドについてはコマンド構文を覚えなくても、「Edit Simulation Command」で簡単に設定することができます。

なお、シミュレーションで可能な解析の種類については、以下の記事をご覧ください。

Edit Simulation Commandの開き方

シミュレーション・コマンドの設定は「Edit Simulation Command」の画面で行うことができます。

回路図エディタ画面のメニューバーから、「Simulate」-「Edit Simulation Cmd」をクリックすると、「Edit Simulation Command」の画面が表れます。

トランジェント解析(Transient)

設定項目 説明
Stop time 解析終了時間
Time to start saving data データファイルに保存する時間
Maximum Timestep 時間間隔の最大値
Start external DC supply voltages at 0V シミュレーション開始時に外部DC電源の初期値を0Vに設定
Stop simulating if steady state is detected 定常状態を検出して変化がない場合、シミュレーションを停止
Don’t reset T=0 when steady state is detected 設定不可
Step the load current source 電流源をステップ変化
Skip initial operating point solution 素子の初期値をシミュレーション実行の初期値にする

AC解析(AC Analysis)

設定項目 説明
Type of sweep 以下のスイープの種類を選ぶ。
Octave:2倍ごと
Decade:10倍ごと
Linear:等間隔
List:リストで指定の周波数
Number of points シミュレーションのポイント数
Octave:Octaveごとのポイント数(目安:20~40)
Decade:Decadeごとのポイント数(目安:30~100)
Linear:全体のポイント数
Start frequency 解析開始周波数
Stop frequency 解析終了周波数
1st frequency/
2nd frequency/
3rd frequency
1番目の周波数/
2番目の周波数/
3番目の周波数
※「Type of sweep」で「List」を選んだ時に設定

DCスイープ解析(DC sweep)

設定項目 説明
Name of 1st source to sweep/
Name of 2nd source to sweep/
Name of 3rd source to sweep
スイープする電圧源・電流源を指定
※タブを選択することで3つまで指定可能
Type of sweep 以下のスイープの種類を選ぶ。
Octave:2倍ごと
Decade:10倍ごと
Linear:等間隔
List:リストで指定の周波数
Start value 解析開始の電圧源・電流源の値
Stop value 解析終了の電圧源・電流源の値
Increment 増加分の値
※「Type of sweep」で「Linear」を選んだ時に設定
Number of points per Octave Octaveごとのポイント数
※「Type of sweep」で「Octave」を選んだ時に設定
Number of points per Decade Decadeごとのポイント数
※「Type of sweep」で「Decade」を選んだ時に設定
1st value/
2nd value/
3rd value
1番目の電圧源・電流源の値/
2番目の電圧源・電流源の値/
3番目の電圧源・電流源の値
※「Type of sweep」で「List」を選んだ時に設定

ノイズ解析(Noise)

設定項目 説明
Output 出力信号
Input 入力信号
Type of sweep 以下のスイープの種類を選ぶ。
Octave:2倍ごと
Decade:10倍ごと
Linear:等間隔
List:リストで指定の周波数
Number of points per octave Octaveごとのポイント数
※「Type of sweep」で「Octave」を選んだ時に設定
Number of points per decade Decadeごとのポイント数
※「Type of sweep」で「Decade」を選んだ時に設定
Number of points 全体のポイント数
※「Type of sweep」で「Linear」を選んだ時に設定
Start Frequency 解析開始周波数
Stop Frequency 解析終了周波数
1st frequency/
2nd frequency/
3rd frequency
1番目の周波数/
2番目の周波数/
3番目の周波数
※「Type of sweep」で「List」を選んだ時に設定

DC伝達関数解析(DC Transfer)

設定項目 説明
Output 出力ノード名
Source 入力ノード名

DC動作点解析(DC op pnt)

テキストのコピーはできません。