LTspiceのシミュレーション

LTspice-コマンドプロンプトを利用した自動シミュレーション

当記事では、LTspiceXVIIにおいて、コマンドプロンプトを利用した自動シミュレーションについて詳しく説明します。

部品のパラメータを変更するだけでしたら、パラメトリック解析で十分ですが、自動で「トランジェント解析⇒AC解析」などと異なる複数の解析をシミュレーションすることは不可能です。

コマンドプロンプトを利用すれば、PCのバッググラウンドでこうした異なる複数の解析を人のいない夜間のオフィスなどでも自動シミュレーションできるので、作業の効率を向上させることが可能です。

LTspiceXVIIの起動確認

まずはコマンドプロンプトで問題なくLTspiceXVIIの起動できるのか確認してみます。

1

スタートメニューの「Windowsシステムツール」から、コマンドプロンプトを起動させます。

2

コマンドプロンプトでLTspiceXVIIがインストールされているファイル(ディレクトリ)に移動します。

「cd C:\Program Files\LTC\LTspiceXVII」と入力して、「Enter」を押すと実行されます。

フォルダ「LTspiceXVII」に移動するコマンド

cd C:\Program Files\LTC\LTspiceXVII

3

コマンドプロンプトからのLTspiceXVII起動確認用に適当なシミュレーションが実行可能な回路図ファイルを用意します。

今回は「C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII」にフォルダ「test」を作成し、以下の記事で作成した「01_sample-tran-lt1028.asc」(トランジェント解析のシミュレーションが実行可能)を保存しました。

ダウンロード

4

回路図ファイルを起動・シミュレーションするコマンド「XVIIx64.exe -run “ファイルのパス”」を実行します。

今回の場合、「XVIIx64.exe -run “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.asc”」と入力して、「Enter」を押します。

回路図ファイルを起動・シミュレーションするコマンド

XVIIx64.exe -run “ファイルのパス”

例:XVIIx64.exe -run “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.asc”

5

自動的にLTspiceXVIIが起動し、「01_sample-tran-lt1028.asc」のシミュレーションが実行されます。

問題なく回路の波形が表示できるのか確認するため、「Vin」と「OUTPUT」を電圧プローブでクリックしてみます。

6

上記のように「Vin」と「OUTPUT」を電圧波形が表示されました。問題なくコマンドプロンプトからLTspiceXVIIを操作できることがわかりました。

バックグラウンドでのシミュレーション

問題なくコマンドプロンプトからLTspiceXVIIを操作できることがわかったので、次はコマンドプロンプトからPCのバックグラウンドでシミュレーションを実行してみます。

1

コマンドプロンプトからPCのバックグラウンドでシミュレーションを実行する前に、LTspiceXVIIの「Control Panel」-「Operation」-「Automatically delete.raw files[*]」でチェックを入れている場合は、チェックを外して無効にしておきます。これで、シミュレーションを実行した際に波形データファイルが保存されるようになります。

以下の記事で説明した通り、手動でのシミュレーションをする時は、波形データファイルを自動削除した方がHDD(ハードディスクドライブ)を圧迫しないのでチェックを入れておいた方が良いです。

しかし、自動シミュレーションをする時は波形データファイルを自動削除してしまうと、シミュレーション終了後に波形データファイルを確認することができなくなってしまうのでご注意ください。

設定が終わったら一旦、LTspiceXVIIを閉じて、フォルダ「test」内にある「01_sample-tran-lt1028.asc」以外のファイルを削除しておきます。

2

コマンドプロンプトに戻り、回路図ファイルからネットリストファイルを出力するコマンド「XVIIx64.exe -netlist “ファイルのパス”」を実行します。

今回の場合、「XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.asc”」と入力して、「Enter」を押します。

回路図ファイルからネットリストファイルを出力するコマンド

XVIIx64.exe -netlist “ファイルのパス”

例:XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.asc”

3

上記のように「01_sample-tran-lt1028.net」(ネットリストファイル)が生成されます。

4

コマンドプロンプトに戻り、ネットリストファイルから波形データファイルを出力するコマンド「XVIIx64.exe -netlist “ファイルのパス”」を実行します。

今回の場合、「XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.net”」と入力して、「Enter」を押します。

ネットリストファイルから波形データファイルを出力するコマンド

XVIIx64.exe -b “ファイルのパス”

例:XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.net”

5

PCのバックグラウンドでシミュレーションが実行され、上記のように「01_sample-tran-lt1028.raw」(波形データファイル)が生成されます。

6

波形データファイルが正しく波形を表示できるのか確認するため、LTspiceXVIIを手動で起動させて、「File」-「Open」をクリックし、「01_sample-tran-lt1028.raw」を開きます。

7

ツールバーの「Pick Visible Traces」をクリックします。

9

上記のように正しく波形が表示することができました。

バッチファイルでの自動シミュレーション

コマンドプロンプトを使ってPCのバックグラウンドでシミュレーションできることが分かりましたが、一つずつコマンドを入力するのは面倒です。

そこで、バッチファイル(コマンドプロンプトに行わせたい命令列をテキストファイルに記述したファイル)を作り、自動でシミュレーションしてみます。

2

上記のように9種類の回路図ファイルからネットリストファイル⇒波形データファイルを出力するようにコマンドをメモ帳に記入します。

バッチファイルへの記入例

cd C:\Program Files\LTC\LTspiceXVII
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\02_sample-ac-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\03_sample-dc-sweep-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\04_sample-noise-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\05_sample-dc-transfer-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\06_sample-dc-op-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\07_sample-tran-param-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\08_sample-ac-temp-op113.asc”
XVIIx64.exe -netlist “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\09_sample-tran-mc-lt1028.asc”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\01_sample-tran-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\02_sample-ac-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\03_sample-dc-sweep-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\04_sample-noise-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\05_sample-dc-transfer-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\06_sample-dc-op-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\07_sample-tran-param-lt1028.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\08_sample-ac-temp-op113.net”
XVIIx64.exe -b “C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\test\09_sample-tran-mc-lt1028.net”

3

拡張子を「.bat」で適当な場所に保存します。

今回は「test.bat」でフォルダ「test」に保存しました。

4

後は「test.bat」をダブルクリックすると、コマンドプロンプトが立ち上がり自動的にシミュレーションを行います。

5

シミュレーション終了後、フォルダ「test」を見ると、波形データファイルが生成されているのが確認できます。


テキストのコピーはできません。