KiCadの基本操作

KiCad-EAGLEプロジェクトのインポート方法

当記事では、KiCadにEAGLEプロジェクトをインポートする方法について、詳しく解説します。

EAGLE(イーグル)とは?

EAGLE(イーグル)とは、回路図エディタやPCBレイアウトエディタから構成されるEDA(自動電子設計)ソフトウェアです。

EAGLEの無償バージョンとして、EAGLE Freeが配布されているため、以前は自作派にとっては欠かせないツールでした。また、いくつか日本語の技術書籍も出版されています。

ただ、以下のような制限があるため、現在では商用利用可能なオープンソースであるKiCadに取って代わられてきています。

EAGLE Freeの利用制限
  1. 回路図シート:2シート
  2. 信号レイヤまたは平面レイヤ:2層
  3. 基板領域:80cm2

KiCadでは、EAGLEで作成されたプロジェクト(回路図やPCBレイアウトなど)をインポートすることが可能なので、昔、自分で作成したEAGLEプロジェクトやネットで配布されているEAGLEプロジェクトをKiCadに取り込んで利用することができます。

EAGLEプロジェクトのインポート方法

これより、KiCadにEAGLEプロジェクトをインポートする方法を解説していきます。

例として、Arduino公式WEBサイトで配布されているArduino Uno R3のEAGLEプロジェクトをダウンロードして、KiCadにインポートしていきます。

※Arduinoとは、マイコンボードの「Arduinoボード」と統合開発環境の「Arduino IDE」から構成されたシステムです。オープンソースハードウェアなので、ホビー用として爆発的に普及しています。

2

「DOCUMENTATION」を選択し、「EAGLE FILES」をダウンロードします。

3

ダウンロードした「EAGLE FILES」を解凍します。解凍したフォルダがEAGLEプロジェクトのフォルダになります。

4

「EAGLE FILES」を解凍が終わったら、KiCadを起動して、「ファイル」-「プロジェクトをインポート」-「EAGLE CAD…」をクリックします。

5

先程、解凍したEAGLEプロジェクトのフォルダを開き、フォルダ内にある「.sch」または「.brd」ファイルを選択して、「開く」をクリックします。当記事では、「arduino_Uno_Rev3-02-TH.sch」を選択して開いてみます。

6

EAGLEプロジェクトをインポートするフォルダを選択して、「フォルダーの選択」をクリックします。当記事ではフォルダ「ARDUINO_UNO_REV3」を作成して選択します。

7

EAGLEプロジェクトをインポートするフォルダを選択すると、インポートが開始されます。しばらくすると、KiCadで回路図とPCBレイアウトが開きます。

8

サポートされていないEagleレイヤーは上記のように、kicad informationの画面に情報が表示されます。「Details」をクリックすると、より詳しい情報が表示され、コピーや保存することが可能です。

9

このように、KiCadにEAGLEプロジェクトがインポートされ、回路図やPCBレイアウトに無事に変換することができました。まだ未保存の状態なので、それぞれ保存しておきます。

以上で、KiCadにEAGLEプロジェクトをインポートする作業は終了になります。

テキストのコピーはできません。