プリント基板

Elecrowに基板を発注する方法

当記事では、海外プリント基板メーカーのElecrowに基板を発注する方法について詳しく解説します。

Elecrowは海外プリント基板メーカーの中ではコスパが良いのですが、対応言語が英語もしくは中国語になっています。

しかし、当記事を読んでいただければ、英語や中国語に自身がない方でも自力で基板発注することができると思います。

また、以下の記事でElecrowの他に、PCBgogoとseed studio/FusionPCBを紹介しています。この2つの基板メーカーは日本語対応しているので、英語や中国語が苦手な方はおすすめです。

ガーバーデータの準備

2層基板に必要なガーバーデータ
  • TOP LAYER(F.Cu):ファイル名.GTL
  • BOTTOM LAYER(B.Cu):ファイル名.GBL
  • SOLDER STOP MASK TOP(F.Mask):ファイル名.GTS
  • SOLDER STOP MASK BOTTOM(B.Mask):ファイル名.GBS
  • SILK TOP:ファイル名.GTO
  • SILK BOTTOM(B.SilkS):ファイル名.GBO
  • NC DRILL:ファイル名.TXT
  • MECHANICAL LAYER(Edge.Cuts):ファイル名.GML
4層基板に必要なガーバーデータ
  • 2層基板に必要なガーバーデータ
  • INNER1 LAYER(In1.Cu):ファイル名.G1
  • INNER2 LAYER(In2.Cu):ファイル名.G2
2

上記のようにガーバー形式で製造ファイル・ドリルファイルを用意します。

3

Elecrowの要求仕様に合わせてファイル名を変更します。詳しくは先程、説明した「2層基板に必要なガーバーデータ」を確認して下さい。

4

ファイル名を変更した後、ガーバーデータが入ったフォルダごとzip形式もしくはrar形式で圧縮します。

Elecrowに基板発注

2

画面右上の「SIGN IN」をクリックします。もしくは以下のリンクをクリックしてElecrow公式WEBサイトの「REGISTERED CUSTOMERS」ページに移動します。

3

「Email」と「Password」を入力して、「LOGIN」をクリックします。

4

「SERVICES」をクリックした後、「PCB Manufacturing」の「Regular Custom PCB」をクリックします。

5

「Add your Gerber」をクリックします。

6

先程、圧縮したガーバーデータを選択して、「開く」をクリックします。

7

デフォルトの状態から以下の箇所を変更します。同種面付けの基板であれば、捨て基板があったとしても異種面付け基板にはならないので、追加料金は発生しません。

  • Dimensions:90x100mm
  • PCB Qty:10
  • Country:Japan
  • Shipping Cost:OCS/ANA

PCB Qty(基板数量)は5枚と10枚でも同じ料金だったので、10枚を選択しました。また、Shipping Cost(配送業者)は料金と発送日数のバランスが良い「OCS/ANA」がおすすめです。

必要箇所の変更が終わったら、最後に「Add To Cart」をクリックします。

Elecrow 製造仕様

    選択不可

  • 材質:FR-4
  • 最小パターン幅/間隔:6mil(0.1524mm)
  • 最小穴径:0.3mm
  • シルクカラー:白
  • 選択可能

  • Layer(層):1層/2層/4層/6層/8層
  • Dimensions(基板サイズ):100×100まで追加料金無し
  • PCB Qty(基板数量)
  • Different PCB Design(異なる基板デザイン):捨て基板は含まない
  • PCB Thickness(基板厚)
  • PCB Color(基板色、レジストカラー)
  • Surface Finish(表面処理):HASL(有鉛半田レベラー)/HASL Lead Free(鉛フリー半田レベラー)/Immersion gold OSP(プリフラックス)
  • Castollated Hole(端面スルーホール)
  • Copper Weight(銅箔厚):1oz.(35um)/2oz.(70um)
  • PCB Stencil(メタルマスク)
  • Production Time(製造期間):特急は追加料金
  • Country(発送国):Japan(日本)を選択
  • Shipping Cost(配送業者):OCN/ANAがおすすめ
Elecrow Vカット仕様
  • 基板の最小サイズは8x8mm
  • 2つのVカット間の最小スペースは2mm
  • 1.6mm厚の基板:Vカットラインは基板端と1mmの間隔が必要
  • 1.0mm厚の基板:Vカットラインは基板端と0.7mmの間隔が必要
  • VカットラインはGKOレイヤーまたはシルクスクリーンレイヤーに追加
  • シルクスクリーンレイヤーにVカットラインがあることを明記
9

Shipping Methodで「OCS/ANA Express」を選択して、「PLACE ORDER」をクリックします。
(すでに「HOW DOES ELECROW PCB WORK?」で「Shipping Cost」を選択していますが、再度この画面で選択する必要があります。おかしな仕様ですよね。。。)
なお、合計金額が2302.51円となっていますが、あくまで概算額です。実際は1979円でした。

10

画面に「Thank you!」が表示され、Elecrowから注文確認のメールが届きます。また、Elecrow公式WEBサイトのマイページで基板製造の進捗情報を確認することもできます。

Elecrowから基板到着

1

Elecrowに基板を発注して、約10日で基板が到着しました。国内の配達は佐川急便でした。

また、基板の発注量によっては関税が発生すると聞いたこともありますが、今回は基板代金と送料以外の費用は発生しませんでした。
(こちらがガーバーデータを一部、Elecrowに送り忘れて必要なデータを再送したため、基板製造の開始が少し遅れてしまいました。)

1

袋を開封すると上記のようなダンボールが出てきました。

1

さらにダンボールを開けてみると、エアキャップに包まれた基板と納品書が入っています。

1

基板はパックされており、当然ですが発注した仕様通りの基板となっていました。

細かい説明は省きますが思っていたより、かなり品質が良かったです。この品質で日本のプリント基板メーカーに発注するより、約1/10以下の料金になるので本当にコスパが良いですね。

1

Vカットも問題なくできました。

テキストのコピーはできません。