Arduinoの基本操作

S4A-ダウンロード・インストール方法

当記事では、S4Aのダウンロード・インストール方法について詳しく説明します。

プログラミング初心者にとって、Arduino言語はハードルが高いのですが、S4Aを導入することによってScratchと言われるプログラミング学習用言語を使用することが可能になります。

S4Aの動作環境

S4Aの動作OSは以下の通りになります。

S4Aの動作OS
  • Windows
  • Mac
  • Linux(Debian)/Linux(Fedora)
  • Raspbian(Debian for RaspberryPi)

S4AはWindows版以外にもMacやLinuxなどのOSに対応していますが、当サイトでは全てWindows版を利用して解説します。

S4Aのダウンロード方法

S4Aは公式WEBサイトからダウンロードすることが可能です。

2

「Downloads」をクリックします。

3

「Windows」をクリックしてダウンロードを行います。

S4Aのインストール方法

1

ダウンロードした「S4A16」を解凍します。

2

解凍したフォルダ「S4A16」をダブルクリックして開きます。

3

実行ファイル(exeファイル)をダブルクリックしてインストーラを立ち上げます。

4

インストーラが立ち上がったら、「Next」をクリックします。

5

「License Agreement(ライセンス契約)」を承諾してから「I accept the agreement」を選択します。その後、「Next」をクリックします。

6

インストールする場所を設定します。問題なければ、そのまま「Next」をクリックします。

7

プログラムのショートカットを作成するスタートメニューフォルダーを設定します。問題なければ、そのまま「Next」をクリックします。
(「Don’t create a Start Menu folder」をチェックすることで、スタートメニューフォルダーを作成しないこともできます。)

8

デスクトップにS4Aのショートカットがあった方が便利なので、当記事では「Create a desktop icon」にチェックを入れます。その後、「Next」をクリックします。

9

再度、インストール場所、スタートメニューフォルダーなどを確認し、問題なければ「Install」をクリックします。

10

インストールが開始されるので、そのまま完了するまで待ちます。

11

インストールが完了したら、「Finish」をクリックします。

12

インストールが無事に完了していれば、自動的に「S4A」が起動します。

また、デスクトップに「S4Aのアイコン」が表示されるはずです。

S4Aファームウェアのダウンロード/書き込み

S4AはPCにインストールしただけでは使用することができません。S4AはArduinoボードと通信してプログラム内容を受け取れるようにする必要があるため、ArduinoボードにS4A通信用ファームウェア(組み込みマイコン用のプログラム)を書き込む必要があります。

ダウンロード

2

「Downloads」をクリックします。

3

さらに下にスクロールすると「Installing the Firmware into your Arduino」が表れるので、「here」をクリックしてダウンロードを行います。

4

拡張子が「.ino」のファイルがS4Aの通信用ファームウェアのファイルになります。このファイルをS4Aのプログラムで動作させたいArduinoボードに書き込みます。

ファームウェアの書き込み

1

S4Aのプログラムで動作させたいArduinoボードをPCにUSBケーブルで接続します。

2

Arduino IDEを起動させて、「ファイル」-「開く」をクリックします。

3

先程、ダウンロードしたファームウェアファイルの「S4AFirmware16.ino」を選択して、「開く」をクリックします。

4

ファイル「S4AFirmware16.ino」はフォルダ「S4AFirmware16」に入れる必要があるので、このまま「OK」をクリックします。

5

「マイコンボードに書き込む」をクリックして、ファームウェアをArduinoボードに書き込みます。

6

無事にファームウェアの書き込みが完了したら、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。

7

S4Aを起動させて、「Searching board…」が表示されていなければ通信成功です。これで、S4Aでプログラミングを行うことができます。

テキストのコピーはできません。