Arduinoの基本操作

Arduino Web Editorの使い方

当記事では、Arduino Web Editorの使い方を詳しく解説します。Arduino Web EditorはWordPressのように、WEBブラウザで動作するWEBアプリケーションになります。

なお、オフラインで使用したい場合は、統合開発環境のArduino IDEをダウンロード・インストールする必要があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

Arduinoアカウント作成・ログイン

2

画面右上の「SIGN IN」をクリックします。

3

画面右の「CREATE A NEW ACCOUNTのアイコン」をクリックします。すでにArduinoアカウント作成が完了している場合は、画面左側で、「Username(e-mail)」と「PASSWORD」を入力して、「LOGIN」をクリックしてログインします。

4

「Username」、「Email」、「Password」を入力して、必要な箇所にチェックを入れます。最後に「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

5

正しく必要事項が入力できていれば、上記のような画面に切り替わります。

6

先程、入力したメールアドレスにArduino公式WEBサイトから上記のようなメールが送られてきます。メールに記載されているリンクをクリックすれば、Arduinoアカウント作成が完了します。

Arduino Pluginのダウンロード・インストール

Arduino Pluginのダウンロード

1

「SOFTWARE」-「ONLINE TOOLS」をクリックします。

2

左下のアイコンの「Device Manager」をクリックします。

3

画面を下にスクロールして、「ADD NEW DEVICE」をクリックします。

4

画面を下にスクロールして、「Set up the Arduino Plugin…」をクリックします。

5

「NEXT」をクリックします。

6

「DOWNLOAD PLUGIN」をクリックします。

7

Arduino Pluginのダウンロードが開始されるので、ダウンロードが完了するまでしばらく待ちます。

Arduino Pluginのインストール

1

ダウンロードした実行ファイル(exeファイル)をダブルクリックしてインストーラを立ち上げます。

2

インストーラが立ち上がったら、「次へ」をクリックします。

3

「使用承諾契約に同意しますか?」で「同意します」を選択して、「次へ」をクリックします。

4

インストール先のディレクトリを指定して、「次へ」をクリックします。

5

「次へ」をクリックします。

6

「次へ」をクリックします。

7

インストールが開始されるので、そのまま完了するまで待ちます。

8

インストールが完了したら、「終了」をクリックします。

9

ドライバをインストールするのか聞かれるので、そのまま「はい」をクリックします。

10

Arduino公式WEBサイトに戻ると、上記の画面に切り替わっています。また、自分のPC画面のタスクバーにArduino Pluginのアイコンが表示されていることを確認します。

プログラムの書き込み

1

Arduino Pluginのインストールが完了したら、試しにサンプルスケッチ(サンプルプログラム)を書き込んでみたいと思います。

ArduinoボードをUSBケーブルで、Arduino IDEを使用するPCに接続します。当記事では、Arduino Unoを使用して説明していきます。

2

先程の「Plugin correctly installed!」の画面で「NEXT」をクリックすると、Arduino Web Editorの画面に切り替わります。

また、次回からはログイン後、「SOFTWARE」-「ONLINE TOOLS」をクリックして、さらに「Arduino Web Editorのアイコン」をクリックすると、Arduino Web Editorの画面に切り替わります。

「Examples」をクリックします。

3

「BASICS」内の「Blink」をクリックすると、右側の画面にスケッチ(プログラム)が表示されるので、「Upload」をクリックします。

4

スケッチがArduino Unoに書き込まれると、「Success(成功)」と表示され、Arduino UnoのLEDが1秒間隔で点滅します。

テキストのコピーはできません。