Arduinoの基本操作

Arduino IDE-Arduinoボードのプログラム書き込み方法

当記事では、Arduino IDEでArduinoボードにプログラムを書き込む方法について詳しく解説します。

プログラム書き込みまでの準備

1

ArduinoボードをUSBケーブルで、Arduino IDEを使用するPCに接続します。当記事では、Arduino Unoを使用して説明していきます。

2

Arduino IDEを起動します。

3

書き込み用の簡単なプログラムを作成します。

LEDを1秒間隔で点滅するプログラム

void setup() {
pinMode(13, OUTPUT);//13ピンをOUTPUTに設定
}

void loop() {
digitalWrite(13, HIGH);//13ピンのLEDをONにする
delay(1000);//1000msec(1秒)待つ
digitalWrite(13, LOW);//13ピンのLEDをOFFにする
delay(1000);//1000msec(1秒)待つ
}

上記のプログラムをArduino IDEの編集エリアにコピー・ペーストして下さい。

4

プログラムが完成したら、「検証」をクリックします。

5

検証(コンパイル)が開始される前にプログラムを保存する必要があります。適当なファイル名を入力して、「保存」をクリックします。

6

プログラムに間違いがなければ、コンパイルが完了します。これで、プログラム書き込みまでの準備は完了です。

プログラムの書き込み

1

「マイコンボードに書き込む」をクリックして、Arduinoボードにプログラムを書き込みます。

2

問題なくプログラムが書き込めれば、「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示され、Arduino UnoのLEDが1秒間隔で点滅します。

3

なお、Arduinoボードのプログラムを変更する場合、その度にArduinoボードにプログラムを書き込む必要があります。

例として、上記のように「delay(1000);」を「delay(100);」にプログラムを変更して、「検証」をクリックします。

4

プログラムを修正したら、「マイコンボードに書き込む」をクリックします。今度はArduino UnoのLEDが0.1秒間隔で点滅します。

テキストのコピーはできません。