LTspiceのSPICEモデル

LTspice-回路図シンボルの作成方法

当記事では、回路図シンボルを作成する方法について詳しく解説します。

LTspice標準の回路図シンボルをそのまま使用できない場合、回路図シンボルを自分で作成する必要があります。

LTspice標準の回路図シンボルが使えない場合は?

LTspiceにSPICEモデル(デバイスモデル、サブサーキットモデル)を追加する場合、基本的にLTspice標準の回路図シンボルを流用するのが簡単です。
(少ないケースですが、部品メーカーがSPICEモデルと一緒に回路図シンボルを提供していることもあります。)

しかし、SPICEモデルのうち、サブサーキットモデルでメーカー独自のICなどの回路図シンボルとなると、LTspice標準の回路図シンボルでは対応できないことがほとんどです。

このような場合、インターネット上で無料の回路図シンボルを探すのはほぼ不可能なので、回路図シンボルを自分で作成する必要があります。

サブサーキットモデルの入手

当記事では、解説のためにアナログ・デバイセズのクワッドSPSTスイッチ「ADG1411」を入手してみます。

1

以下のリンクをクリックして、アナログ・デバイセズのWEBサイトでSPICEモデルがダウンロードできるページに移動します。

アナログ・デバイセズのWEBサイトのトップページから移動する場合は、設計支援⇒シミュレーションモデル⇒SPICE シミュレーション モデル / SPICE回路の順で移動できます。

2

以下のように、ダウンロードできるSPICEモデルの一覧が表示されます。

「Search」に「ADG1411」と入力します。

3

「ADG1411 SPICE Macro Model」をクリックします。

4

「License agreement for Spice Models」の画面が表示されるので、「I Accept」をクリックするとダウンロードが開始されます。

回路図シンボルの自動作成

LTspiceには回路図シンボルを自動作成する機能があり、ワンクリックで簡単に回路図シンボルを生成することが可能です。

2

LTspiceを起動させて、「Open」をクリックします。

3

ファイルの種類を「All Files」にして、「adg1411.cir」を開きます。

4

以下のように「adg1411.cir」が開きます。

5

開いた「adg1411.cir」に記述されている.SUBCKTの構文を右クリックして、「Create Symbol」をクリックします。

6

自動で「adg1411.cir」の回路図シンボルを作成してよいのか聞かれるので、「はい」をクリックします。

7

以下のように、自動的に「adg1411.cir」の回路図シンボルが作成されます。

8

また、以下のように「C:\Users\USER\Documents\LTspiceXVII\lib\sym\AutoGenerated」に自動的に「adg1411.cir」の回路図シンボルである「ADG1411.asy」が保存されています。

このままでも問題ありませんが、「ADG1411.asy」を管理しやすい任意のフォルダに移動させておいた方が良いでしょう。

10

ただ、自動作成した回路図シンボルには問題点もあります。

このように、.SUBCKTの構文から自動的に番号ピンを定義して順番に並べるだけなので、データシートに記載されている回路図シンボルと異なり、回路図上で配線するのが非常に面倒になってしまうことが多いのです。

そのため、自動作成した回路図シンボルをベースに修正するか初めから自分で回路図シンボルを手動で作成した方が良いでしょう。

回路図シンボルの手動作成

回路図シンボルを自動作成するよりは少し時間がかかりますが、ここで回路図シンボルを手動作成する方法をしっかり覚えておきましょう。

回路図シンボルの手動作成する方法を理解できれば、自動作成した回路図シンボルを修正するのにも役に立ちます。

シンボル作成

1

LTspiceを起動させ、「File-New Symbol」をクリックします。

2

回路図シンボルエディタが表示されます。丸と十字のマークは回路図作成の際、部品を移動する時の基準点になります。

3

「Draw-Rect」を選択して、四角形で回路図シンボルの外枠を作ります。

4

回路図シンボルエディタ上で左クリックをすると始点となるので、対角線上にマウスを移動させて四角形を描きます。
もう一度、左クリックすると終点となり四角形を完成することができます。

今回は、基準点(丸と十字のマーク)がほぼ中心になるように四角形を作成しました。

5

ピン番号の編集をするため、「Edit-Add Pin/Port」を選択します。

6

名称 説明
Label ピン名称
Netlist Order ノード番号
TOP/
LEFT/
RIGHT/
BOTTOM/
NONE(Not Visable)
ピン名称の位置
上/左/右/下/なし
Vertical Text ピン名称を縦にする
Offset ピンとピン名称のオフセット

7

ADG1411の.SUBCKT構文を見ると、ADG1411実部品のピン番号とノード番号が同じになっています。

そのため、ADG1411のデータシートのピン配置から、そのままピン名称とノード番号を設定していきましょう。

Label Netlist Order TOP/
LEFT/
RIGHT/
BOTTOM/
NONE(Not Visable)
IN1 1 LEFT
D1 2 RIGHT
S1 3 RIGHT
VSS 4 LEFT
GND 5 RIGHT
S4 6 RIGHT
D4 7 RIGHT
IN4 8 LEFT
IN3 9 LEFT
D3 10 RIGHT
S3 11 RIGHT
NC 12 RIGHT
VDD 13 LEFT
S2 14 RIGHT
D2 15 RIGHT
IN2 16 LEFT

8

ADG1411のデータシートの機能ブロックを参考に、ピンを配置していきます。

シンボルの属性編集・保存

1

シンボルの属性編集をするため、「Edit-Attributes-Edit Attributes」を開きます。

2

「Prefix:X, Value:ADG1411, Model File:Analog_Devices\adg1411.cir」に設定します。

属性 説明
Prefix 回路図シンボルの接頭辞
抵抗:R
コンデンサ:C
コイル:L
サブサーキットモデル:X
※サブサーキットモデルであれば、抵抗、コンデンサ、コイルでも全て「X」になります。
Spice Model
Value サブサーキットモデルのファイルで定義されている名前
例:「.SUBCKT AD8610」であれば「AD8610」
Value2
Spice Line Value以外のパラメータ
Spice Line2
Description 回路図シンボルの説明
(シンボル上に表示)
Model file サブサーキットモデルの場所(パス)

3

表示するシンボル情報を設定するため、「Edit-Attributes-Attribute Window」を開きます。

4

表示したいシンボル情報を選択して、「OK」をクリックすると配置することができます。

ここではInstName(U1,U2,U3…)とValueをそれぞれ配置します。

5

これで、回路図シンボルの手動作成の作業を全て終えたので、「Save」をクリックして保存します。

シンボルの確認

1

LTspiceで新規の回路図エディタを開き、「Component」をクリックします。

2

「Select Component Symbol」から「ADG1411」を確認することができました。

念のため、回路図に配置するため、「ADG1411」を選択してOKをクリックします。

3

他の部品と同様に、「ADG1411」も問題なく配置できるはずです。

回路図シンボルを自動作成してからの修正が簡単

ADG1411の回路図シンボルを一から作成してきましたが、回路図シンボルを自動作成してからの修正の方が簡単です。

回路図シンボルを手動から覚えれば、自動作成からの修正作業で困ることはないでしょう。

テキストのコピーはできません。