KiCadの基本操作

KiCad-ダウンロード・インストール方法

KiCadは、商用利用可能なオープンソースのEDA(自動電子設計)ソフトウェアです。回路シミュレータ、回路図作成、PCBレイアウトなどKiCadだけで電子回路に関するほぼ全ての設計を行うことができます。

当記事では安定板であるVer5.1.2のKiCadのダウンロード・インストール方法について詳しく説明します。

KiCadの動作環境

Windows版のKiCad(Ver5.1.2)のハードウェア動作環境は以下の通りになります。

KiCadの動作環境
  • OS:Windows7/Windows8.1/Windows10
  • システムの種類:32bit/64bit
  • メモリ:1GB(2GB推奨)
  • ハードディスクドライブの空き容量:10GB
  • 画面:1280×1024、16色(1920×1080推奨)

KiCadはWindows版以外にもMacやLinuxなどの様々なOSに対応していますが、当サイトでは全てWindows版を利用して解説します。

KiCadのダウンロード方法

KiCadは公式WEBサイトからダウンロードすることが可能です。「Stable Release/安定板」、「Nightly Development Builds/最新版」、「Previous Releases/旧版」の中から選択することができます。

2

「DOWNLOAD」をクリックします。

3

「Windows」をクリックします。

Stable Release/安定板

KiCadをこれから利用するのでしたら、ソフトウェアの動作が安定している「Stable Release/安定板」がおすすめです。

64bit版と32bit版にわかれ、さらに「CERN」、「GitHub」、「Futureware」の三つのサイトに分散されてインストーラが配布されています。どのサイトも同じなので好きな所からダウンロードしてください。

Nightly Development Builds/最新版・テスト版

「Nightly Development Builds/最新版・テスト版」はKiCadの最新バージョンをダウンロードすることができますが、動作の検証が不十分でバグが多く含まれている可能性が高いです。

1

「Nightly Development Builds」下のURLをクリックします。

2

リストの下にあるインストーラほどバージョンが新しいです。インストーラのファイル名で「x86 64」が含まれているものは「64bit版」、「i686」が含まれているものは「32bit版」になります。

Previous Releases/旧版

Previous Releases/旧版では、KiCadの古いバージョンをダウンロードすることができます。

1

「Previous Releases」下のURLをクリックします。

2

インストーラのファイル名で「x86 64」が含まれているものは「64bit版」、「i686」が含まれているものは「32bit版」になります。

KiCadのインストール方法

1

ダウンロードした実行ファイル(exeファイル)をダブルクリックしてインストーラを立ち上げます。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と画面が表示された場合、「はい」をクリックします。

2

インストーラが立ち上がるまで少し時間がかかるので、このまま待ちます。

3

インストーラが立ち上がったら、インストールに進むために「Next」をクリックします。

4

インストールするファイルを設定します。通常はデフォルトの状態で問題ないので、そのまま「Next」をクリックします。

5

インストールする場所を設定します。問題なければ、そのまま「Next」をクリックします。

6

インストールが開始されるので、そのまま完了するまで待ちます。

インストールするファイルの容量が大きいので、完了するまでに数分から数十分かかります。

7

インストールが完了したら、「Finish」をクリックします。

8

インストールが無事に完了していれば、デスクトップに「KiCadのアイコン」が表れるので、確認のためにダブルクリックして「KiCad」を起動させます。

9

上記のように「KiCad」が立ち上がります。以上でのKiCadのダウンロード・インストールは終了になります。

テキストのコピーはできません。