インダクタ(コイル)-インダクタンス値の読み方

当記事では、インダクタ(コイル)のインダクタンス値の読み方について詳しく解説します。

目次

E系列

インダクタのインダクタンス値は、キリの良い数字ではなく、以下のようにE系列に沿った容量値が決められています。

E系列のEは指数(Exponent)のことで、E12系列だと$\sqrt[12]{10^n}$のnに0~11の数字(12個の数字)を入れていくと完成します。

誤差(許容差)が±10[%]のインダクタの場合、E12系列の値を使用すれば、10[uH]は9~11[uH]、12[uH]は10.8~13.2[uH]、15[uH]は13.5~16.5[uH]となり、誤差の範囲が重なるようになっています。

抵抗では、E12系列から使われることが多いのですが、インダクタの場合、E6系列またはE12系列がよく使われています。

E6/E12/E24系列

E6
±20%
$\sqrt[6]{10^n}$
E12
±10%
$\sqrt[12]{10^n}$
E24
±5%
$\sqrt[24]{10^n}$
1.01.01.0
1.1
1.21.2
1.3
1.51.51.5
1.6
1.81.8
2.0
2.22.22.2
2.4
2.72.7
3.0
3.33.33.3
3.6
3.93.9
4.3
4.74.74.7
5.1
5.65.6
6.2
6.86.86.8
7.5
8.28.2
9.1

カラーコード表示(リード付きインダクタ)

カラーコード表示(リード付きインダクタ) 読み方

リード付きインダクタ(アキシャルリード・インダクタ)は、以下のように数字を表す色(カラー)で表記されています。

カラーコード表示

第1数字第2数字乗数誤差
黒/Black00$10^0$
茶/Brown11$10^1$±1[%]
赤/Red22$10^2$±2[%]
橙/Orange33$10^3$±0.05[%]
黄/Yellow44$10^4$±0.02[%]
緑/Green55$10^5$±0.5[%]
青/Blue66$10^6$±0.25[%]
紫/Purple77$10^7$±0.1[%]
灰/Gray88$10^8$±0.01[%]
白/White99$10^9$
金/Gold$10^{-1}$±5[%]
銀/Silver$10^{-2}$±10[%]
無色/None±20[%]

カラーコードと数字の関係は、以下のような語呂合わせを使った方が覚えやすいです。段々とカラーコード表示のインダクタンス値を読んでいく内に、色を見た瞬間に数字が思い浮かぶようになっていきます。

カラーコードの語呂合わせ

語呂合わせ
黒/Black黒い礼(0)服
茶/Brown茶を1杯
赤/Red赤いに(2)んじん
橙/Orangeみ(3)かんは橙
黄/Yellow四季(黄)
緑/Green緑子(5)
青/Blue青二才のロク(6)でなし
紫/Purple紫式(7)部
灰/Grayハイ(灰8)ヤー
白/Whiteホワイト・ク(9)リスマス
金/Gold
銀/Silver
無色/None

読み方の例:4バンド・インダクタ

茶黒黒銀
4バンド・インダクタ カラーコード 読み方
  • 第1数字:1()
  • 第2数字:0()
  • 乗数:$10^0$()
  • 誤差:±10[%]()
  • インダクタンス値:$$10 \times 10^0[uH]=10[uH]±10[\%]$$

リード付きインダクタ(アキシャルリード・インダクタ)では、4バンド・インダクタの表示がよく使われます。

読み方の例:3バンド・インダクタ

茶黒黒
3バンド・インダクタ カラーコード 読み方
  • 第1数字:1()
  • 第2数字:0()
  • 乗数:$10^0$()
  • インダクタンス値:$$10 \times 10^0[uH]=10[uH]$$

リード付きインダクタ(アキシャルリード・インダクタ)では、3バンド・インダクタの表示もあります。4バンド・インダクタの表示から誤差がなくなっています。

数字表示

インダクタ コイル 数字表示 読み方

チップインダクタ(巻線タイプ)やラジアルリード・インダクタでは、以下のように数字表示されています。数字以外に、R(小数点)やL(nH・小数点)など特殊な表記もあります。

通常、「uH」(マイクロ・ヘンリー)を基準にしています。

数字表示

第1数字第2数字乗数
00$10^0$
11$10^1$
22$10^2$
33$10^3$
44$10^4$
55$10^5$
66$10^6$
77$10^7$
88$10^8$
99$10^9$
R(小数点)R(小数点)
N($10^{-9}$/小数点)N($10^{-9}$/小数点)N($10^{-9}$)

インダクタの誤差は、以下のようにアルファベットで表示されています。

誤差

記号誤差
F±1[%]
G±2[%]
J±5[%]
K±10[%]
M±20[%]

インダクタ早見表

インダクタ早見表

表示例インダクタンス値
104100[mH]
10310[mH]
1021[mH]
101100[uH]
10010[uH]
1R01[uH]
R100.1[uH]
10N10[nH]
1N01[nH]

読み方の例:チップインダクタなど

270J
チップインダクタ 数字表示 270J 読み方
  • 第1数字:2
  • 第2数字:7
  • 乗数:$10^0$
  • 誤差:±5[%](J)
  • インダクタンス値:$$27 \times 10^0[uH]=27[uH]±5[\%]$$

巻線タイプのチップインダクタやラジアルリード・インダクタでは、数字表記されることが多いです。誤差は、アルファベットで表示されています。

470
チップインダクタ 数字表示 470 読み方
  • 第1数字:4
  • 第2数字:7
  • 乗数:$10^0$
  • インダクタンス値:$$47 \times 10^0[uH]=47[uH]$$

インダクタの種類によって、誤差の表示が省略されることがあります。

R12
チップインダクタ 数字表示 R12 読み方
  • 小数点:R
  • 第1数字:1
  • 第2数字:2
  • インダクタンス値:$$0.12[uH]$$

「R」を小数点として読みます。この場合、乗数表示はありません。

1R2
チップインダクタ 数字表示 1R2 読み方
  • 第1数字:1
  • 小数点:R
  • 第2数字:2
  • インダクタンス値:$$1.2[uH]$$

「R」を小数点として読みます。この場合、乗数表示はありません。

12N
チップインダクタ 数字表示 12N 読み方
  • 第1数字:1
  • 第2数字:2
  • 単位:N([uH]⇒[nH])
  • インダクタンス値:$$12[nH]$$

末尾に「N」の表記があるので、単位が[uH]⇒[nH]になります。

1N2
チップインダクタ 数字表示 1N2 読み方
  • 第1数字:1
  • 小数点:N
  • 第2数字:2
  • 単位:N([uH]⇒[nH])
  • インダクタンス値:$$1.2[nH]$$

「N」が数字に挟まれているので、単位が[uH]⇒[nH]に変化するのに加えて、小数点の意味にもなります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる