電子回路の基礎知識

コンデンサ容量値・定格電圧の読み方

当記事では、コンデンサの容量値・定格電圧の読み方について詳しく解説します。

E系列

コンデンサの容量値は、キリの良い数字ではなく、以下のようにE系列に沿った容量値が決められています。

E系列のEは指数(Exponent)のことで、E12系列だと$\sqrt[12]{10^n}$のnに0~11の数字(12個の数字)を入れていくと完成します。

誤差(許容差)が±10[%]の抵抗の場合、E12系列の値を使用すれば、100[pF]は90~110[pF]、120[pF]は108~132[pF]、150[pF]は135~165[pF]となり、誤差の範囲が重なるようになっています。

抵抗では、E12系列から使われることが多いのですが、コンデンサの場合、E3系列またはE6系列がよく使われています。

E3/E6/E12/E24系列

E3
±40%
$\sqrt[3]{10^n}$
E6
±20%
$\sqrt[6]{10^n}$
E12
±10%
$\sqrt[12]{10^n}$
E24
±5%
$\sqrt[24]{10^n}$
1.0 1.0 1.0 1.0
1.1
1.2 1.2
1.3
1.5 1.5 1.5
1.6
1.8 1.8
2.0
2.2 2.2 2.2 2.2
2.4
2.7 2.7
3.0
3.3 3.3 3.3
3.6
3.9 3.9
4.3
4.7 4.7 4.7 4.7
5.1
5.6 5.6
6.2
6.8 6.8 6.8
7.5
8.2 8.2
9.1

数字表示

コンデンサ 数字表示 読み方

セラミックコンデンサ、フィルムコンデンサ、タンタルコンデンサなどリード付きコンデンサや一部のチップコンデンサでは、以下のように数字表示されています。数字以外に、R(小数点)など特殊な表記もあります。

通常、「pF」(ピコ・ファラッド)を基準にしていますが、容量の大きいものでは「uF」(マイクロ・ファラッド)を基準にしている場合もあります。

数字表示

第1数字 第2数字 乗数
0 0 $10^0$
1 1 $10^1$
2 2 $10^2$
3 3 $10^3$
4 4 $10^4$
5 5 $10^5$
6 6 $10^6$
7 7 $10^7$
8 8 $10^8$
9 9 $10^9$
R(小数点) R(小数点)


コンデンサの誤差は、以下のようにアルファベットで表示されています。

誤差

記号 誤差
C ±0.25[pF]
D ±0.5[pF]
F ±1[%]
G ±2[%]
J ±5[%]
K ±10[%]
M ±20[%]
Z -20[%], +80[%]


コンデンサの定格電圧は、以下のように数字とアルファベットの組み合わせ2文字で表示されています。

定格電圧(数字とアルファベットの組み合わせ)

記号 0 1 2 3
A 1 10 100 1000
B 1.25 12.5 125 1250
C 1.6 16 160 1600
D 2 20 200 2000
E 2.5 25 250 2500
F 3.15 31.5 315 3150
G 4 40 400 4000
H 5 50 500 5000
J 6.3 63 630 6300
K 8 80 800 8000


また、部品サイズが小さいコンデンサだと、数字とアルファベットの組み合わせ2文字だと入りきれないため、以下のようにアルファベットのみの1文字で表示されています。

定格電圧(アルファベットのみ)

記号 0
j 6.3
A 10
C 16
E 25
V 35
H 50

コンデンサ早見表

コンデンサ早見表

表示例 コンデンサ容量値
106 10[uF]
105 1[uF]
104 0.1[uF]
103 0.01[uF]
102 1000[pF]
101 100[pF]
100 10[pF]
(または100[pF])


「104」(0.1uF)がよく使われるので、当サイト管理人の場合、「104」を基準にして覚えています。

読み方の例:リード付きコンデンサなど

224J 1H

リード付きコンデンサ 数字表示 224J 1H 読み方
  • 第1数字:2
  • 第2数字:2
  • 乗数:$10^4$
  • 誤差:±5[%](J)
  • 定格電圧:50[V](1H)
  • 容量値:$$22 \times 10^4[pF]=220000[pF]=0.22[uF]±5[\%]$$

容量値、誤差、定格電圧が表示されています。

473K J

リード付きコンデンサ 数字表示 473K J 読み方
  • 第1数字:4
  • 第2数字:7
  • 乗数:$10^3$
  • 誤差:±10[%](K)
  • 定格電圧:63[V](J)
  • 容量値:$$47 \times 10^3[pF]=22000[pF]=0.047[uF]±10[\%]$$

定格電圧の表示の「1J」が省略されて「J」になっています。アルファベットのみの1文字で表示される「j」と間違わないようにご注意下さい。

104

リード付きコンデンサ 数字表示 104 読み方
  • 第1数字:1
  • 第2数字:0
  • 乗数:$10^4$
  • 容量値:$$10 \times 10^4[pF]=100000[pF]=0.1[uF]$$

コンデンサによって、誤差と定格電圧の表示が省略されることがあります。

101

リード付きコンデンサ 数字表示 101 読み方
  • 第1数字:1
  • 第2数字:0
  • 乗数:$10^1$
  • 容量値:$$10 \times 10^1[pF]=100[pF]$$
100

リード付きコンデンサ 数字表示 100 読み方
  • 第1数字:1
  • 第2数字:0
  • 乗数:$10^0$
  • 容量値:$$10 \times 10^0[pF]=10[pF]$$
100

リード付きコンデンサ 数字表示 100 読み方
  • 容量値:$$100[pF]$$

コンデンサの容量値が100[pF]以下だと、表示されている数字をそのまま読みます。100[pF]だと、表示が「101」と「100」の2パターンあるので注意して下さい。

20

リード付きコンデンサ 数字表示 20 読み方
  • 容量値:$$20[pF]$$
R33

リード付きコンデンサ 数字表示 R33 読み方
  • 小数点:R
  • 第1数字:3
  • 第2数字:3
  • 容量値:$$0.33[pF]$$

「R」を小数点として読みます。

6R8

リード付きコンデンサ 数字表示 6R8 読み方
  • 第1数字:6
  • 小数点:R
  • 第2数字:8
  • 容量値:$$6.8[pF]$$

「R」を小数点として読みます。

読み方の例:電解コンデンサ

100uF 50V

電解コンデンサ 数字表示 100uF 50V 読み方
  • 定格電圧:50[V]
  • 容量値:$$100[uF]$$

リード付き電解コンデンサは、容量値と定格電圧がそのまま表示されています。
また、リード付き電解コンデンサには、極性があり、リード線の長い方が「+」になります。上記の画像ではわかりませんが、「-」がわかるようにコンデンサ本体に白線のマーキングが入っています。

47j

電解コンデンサ 数字表示 47j 読み方
  • 定格電圧:6.3[V]
  • 容量値:$$47[uF]$$

チップ電解コンデンサでは、容量値の単位が省略されていたり、定格電圧がアルファベットのみの1文字で表示されていることがあります。
また、リード付き電解コンデンサには、極性があり、「-」がわかるようにコンデンサ本体にマーキングが入っています。

無表記(表記なし)

チップコンデンサ(セラミックコンデンサ)は、サイズが小さいため以下のように無表記になっています。

チップコンデンサ 無表記(表記なし) 読み方

一旦、チップコンデンサの型番がわからなくなってしまうと、容量計やLCRメーターで測定して確認するしかありません。

また、チップコンデンサの定格電圧まで調べるとなると、電圧を加えすぎて破壊してしまう可能性もあり現実的ではありません。

当サイト管理人の場合、価格がそれほど高くないので、型番がわからなくなったチップコンデンサは捨てるようにしています。

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト
テキストのコピーはできません。